Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。






1 番 - 6 番を表示 (全 1167 枚)
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 ... [195] »

■コエンドロ(セリ科)
コリアンダー、パクチー、シャンツァイ(香菜)、…など、さまざまな呼び名があり、市場でも見かける機会の多くなった香草です。
根生葉はよく知られるパクチーの葉の形をしていますが、上部の葉はこの写真にみられるような細裂した形になります。
花のあとにできる果実(コリアンダーシード)は柑橘のような香りを有し、カレーの基本的なスパイスとして用いられます。

【利用部分】葉および果実
【用途】葉はタイ、ベトナム料理などの香味づけに、果実はカレー粉やピクルスに用いる。
【成分】精油(コリアンロールなど)
【原産地】地中海沿岸地方
【植物がある場所】染料香料植物区
【撮影日】2018/05/19

■イブキジャコウソウ(シソ科)
高さ10-20cmほどの草本状の小低木で、地表を覆うように拡がり、茎・葉には芳香があります。
「イブキ」は、滋賀県・岐阜県にまたがる伊吹山に由来しますが、他の山の岩がちな場所にも広く分布し、ときには海岸の岩場にも生育します。
ハーブの「タイム」(タチジャコウソウ)と同じ属の植物で、日本に自生する唯一のタイムの仲間です。

【別名】ヒャクリコウ(百里香)
【利用部分】茎・葉
【用途】入浴剤など
【成分】精油(チモール等)
【分布】日本(北海道、本州、九州)、朝鮮半島、中国北部
【植物のある場所】染料香料植物区、ロックガーデン
【撮影日】2018/05/17

■ハマナス(バラ科)
北日本の海辺の初夏を彩るバラ属の野生種で、花径8cmに達する大きな花を開きます。
花には芳香があり、香料原料としての需要があります。夏に熟す果実(偽果)は中のタネ(これが真の果実)を取り除くと、食用となります。
また園芸種のバラの母種としても用いられ、ハマナスの血を引くバラ品種(ルゴサ系)は耐寒性、耐病性に優れます。
枝にはたくさんのトゲがありますので、観察のときは注意してください。

【分布】北日本の海岸(北海道から茨城県および島根県)
【植物のある場所】染料香料植物区
【撮影日】2018/05/17

■サルビア・プラテンシス(シソ科)
学名(種小名)のプラテンシスとは「草原生の、牧草地の」を意味し、学名を英訳するとメドーセージとなります。
日本ではなぜか、濃紫色で背の高いサルビア・ガラニティカをメドーセージと称していますが、こちらが本家です。
本種のほうが草丈が低く、花が密集して咲きます。5-6月が開花のピークで、その後は秋まで散発的に開花します。

【別名】メドーセージ、メドークラリー
【原産地】ヨーロッパ、西アジア
【植物のある場所】染料香料植物区
【撮影日】2018/05/09

■アサツキ(ユリ科)
山の草原や海岸の岩場などに生育する多年草で、地中に鱗茎をもちます。鱗茎および地上部を食用とするために栽培もされます。
花は淡紅色で、なかなか美しいものです。
染料香料植物区では、セイヨウアサツキともいわれるチャイブが、よく似た花を咲かせています。
アサツキ、チャイブを含むネギ属はAPG分類体系ではヒガンバナ科に分類されます。

【分布】北海道、本州、四国
【植物のある場所】民間薬原料植物区(樽)
【撮影日】2018/05/09

■スイカズラ(スイカズラ科)
山野に生育する、 つるになる半常緑低木です。 花は咲いた当日には白く、 翌日以降に黄色へと変化し、 芳香があります。 【生薬名】ニンドウ(忍冬)、 キンギンカ(金銀花) 【薬用部分】葉および茎(忍冬)、 つぼみ(金銀花) 【用途】漢方処方用薬:利尿・解毒・殺菌作用(忍冬:治頭瘡一方ほか/金銀花:銀翹散) 【成分】葉、 茎に苦味配糖体(ロガニン)、 フラボノイド、 タンニンなど。 花にタンニン、 フラボノイド(ルテオリン)など 【分布】日本、 朝鮮半島、 中国 【植物のある場所】有用樹木区4A(池の近く)、 民間薬原料植物区、 林地 【撮影日】2018/05/09 新常用和漢薬集「キンギンカ」 新常用和漢薬集「ニンドウ」


バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.