Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。






1 番 - 6 番を表示 (全 1231 枚)
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 ... [206] »

■アワコガネギク(キク科)
準絶滅危惧(NT)
山地の谷間の、やや乾いた崖地を好む多年草です。
京都の菊渓(きくたに)が名所として知られたことからキクタニギクとも呼ばれ、こちらを標準和名の扱いとすることもあります。
わが国での在来の分布は本州と九州の限られた地域でしたが、大陸に分布する系統の種子が、各地で法面緑化用に使用されたことにより遺伝子の撹乱が心配されています。
同時期に咲くシマカンギクによく似ていますが、アワコガネギクのほうが草丈が高く、頭花がかたまって咲く傾向が強いです。

【別名】キクタニギク
【薬用部分】花
【用途】花を漬けた食用油を火傷、切り傷、打撲による外傷に塗布とするほか、入浴剤にも。
【成分】精油(α-ツヨン他)
【分布】日本(東北から関東太平洋側、近畿、九州北部)、朝鮮半島、中国北部
【植物のある場所】民間薬原料植物区
【撮影日】2018/11/04

■ツルウメモドキ(ニシキギ科)
山野や河川敷などに広く生育する雌雄異株のつる性木本植物です。
開花期は5-6月ころで、葉腋に淡緑色の目立たない花をつけます。
晩秋に果実が裂開すると、果皮の明黄色と仮種皮の橙赤色とのコントラストが俄然目を引き、実もの花材としても人気があります。

【分布】日本、朝鮮半島、中国北部
【植物のある場所】民間薬原料植物区
【撮影日】2018/11/04

■サフラン(アヤメ科)
めしべの柱頭を薬用とします。料理の色味と香味付けにも用いられます。
観賞用のクロッカスも同属植物ですが、そちらは薬用にはなりません。
名前の似ているイヌサフランは、有毒植物であり、注意が必要です。

【生薬名】サフラン
【薬用部分】柱頭
【用途】欧州では鎮静、通経薬、日本では冷え性など
【成分】カロチノイド配糖体(クロシン)、精油(サフラナール)など
【原産地】地中海沿岸からインド
【植物のある場所】温室前園路脇、民間薬原料植物区
【撮影日】2018/11/04

新常用和漢薬集「サフラン」

■シマカンギク(キク科)
西日本から中国、アジアにかけて分布し、山地や山麓の日当たりのよい場所に生育する多年草です。
和名は「島寒菊」ですが、むしろ山地に多い植物です。
舌状花・筒状花ともに鮮黄色で、観賞用のキクの原種のひとつと考えられています。
キクとともに、頭花を薬用とします。

【生薬名】キクカ(菊花)
【薬用部分】頭花
【用途】漢方処方用薬:頭痛、眩暈などを呈す疾患(釣藤散、清上蠲痛湯ほか)
【成分】精油(カンフォール)など
【原産地】日本(近畿地方以西)、台湾、中国、朝鮮半島、インド
【植物のある場所】漢方薬原料植物区
【撮影日】2018/10/29

新常用和漢薬集「キクカ」

■サラシナショウマ(キンポウゲ科)
低山、山地や高原の落葉樹林や草原に生育する多年草です。
山地や高原では8月から咲きます。季節とともに開花が山を下り、当園では秋も深まった頃に咲きます。
サラシナとは晒菜の意味で、若葉をゆでて水にさらして食用としたことによるといわれます。

【生薬名】ショウマ(升麻)
【薬用部分】根茎
【用途】漢方処方用薬:発汗作用、解熱作用(升麻葛根湯、辛夷清肺湯ほか)
【成分】シクロアルタン系4環トリテルペン類 等
【分布】北海道、本州、四国、九州
【植物のある場所】漢方薬原料植物区、ロックガーデン、林地
【撮影日】2018/10/29

新常用和漢薬集「ショウマ」

■ラッキョウ(ユリ科)
中国原産で、日本へは平安時代頃にもたらされたと考えられています。
他の野菜の育ちにくい土壌でも生育でき、海岸砂丘などで栽培されています。
新しい分類体系であるAPG III体系では、この仲間(ネギ属)はヒガンバナ科に分類されています。

【生薬名】ガイハク(薤白)
【薬用部分】りん茎
【用途】去痰作用の目的で漢方処方に配剤されることがある
【成分】フラクタンなど
【原産地】中国
【植物のある場所】民間薬原料植物区(あずまや横の樽)
【撮影日】2018/10/29


バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.