Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > サンシュユ(ミズキ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   ナンテン(メギ科) ハナノキ(カエデ科) クチナシ(アカネ科) サンシュユ(ミズキ科) カンレンボク(ヌマミズキ科) サラシナショウマ(キンポウゲ科) シマカンギク(キク科)   >]

サンシュユ(ミズキ科)
サンシュユ(ミズキ科)

■サンシュユ(ミズキ科)
今秋のサンシュユは、有用樹木区奥側の実付きが良好です。
赤く艶やかな果実は、いかにも鳥たちが好みそうな見かけですが、鳥にとってはあまり美味でないらしく、冬まで枝先についています。
日本では享保年間(1720年頃)、小石川御薬園に初めて植えられたとされ、以来、庭木や日本庭園などに多く植えられています。
果実の中の、種子にみえる部分が真の果実で、赤い部分は正確には偽果(ぎか)といいます。

【別名】ハルコガネバナ、アキサンゴ
【生薬名】サンシュユ(山茱萸)
【薬用部分】偽果の果肉
【用途】漢方処方用薬:強壮・収斂(八味地黄丸)
【成分】イリドイド配糖体(ロガニンなど)、有機酸、テルペン類など
【原産地】朝鮮半島、中国
【植物のある場所】有用樹木区(4A, 4B, 4D)
【撮影日】2016/11/03

新常用和漢薬集「サンシュユ」


[<   ナンテン(メギ科) ハナノキ(カエデ科) クチナシ(アカネ科) サンシュユ(ミズキ科) カンレンボク(ヌマミズキ科) サラシナショウマ(キンポウゲ科) シマカンギク(キク科)   >]



バナーエリア
薬用植物・生薬に関する講座
薬用植物国内栽培事業
新常用和漢薬集
イベント情報
薬草教室
会報
生薬写真集
東京都 医薬品医療機器等法Web講習会(外部サイト)

当協会関係者のアドレス(@tokyo-shoyaku.jp)を騙ったウイルス感染メールが当協会外から発信されていることが確認されました。 ご注意をお願い申し上げます。近々ドメインを変更予定です。

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.