Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > ハナノキ(カエデ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   ウンシュウミカン(ミカン科) クミスクチン(シソ科) ナンテン(メギ科) ハナノキ(カエデ科) クチナシ(アカネ科) サンシュユ(ミズキ科) カンレンボク(ヌマミズキ科)   >]

ハナノキ(カエデ科)
ハナノキ(カエデ科)

■ハナノキ(カエデ科)
絶滅危惧II類(VU)

日本固有種で、東海地方の山間部の湿地にまれに生える落葉高木です。
春の花、とくに雄花がカエデ科としては目立つことからハナノキの和名があり、秋の紅葉とともに年2回、樹を真紅に彩ります。
自生地における植林やゴルフ場等の建設により数を減らし、絶滅危惧種となっています。
葉緑体DNAによる分類体系ではムクロジ科に分類されます。

【原産地】本州中部地方(長野・愛知・岐阜)
【植物のある場所】有用樹木区
【撮影日】2016/11/17


[<   ウンシュウミカン(ミカン科) クミスクチン(シソ科) ナンテン(メギ科) ハナノキ(カエデ科) クチナシ(アカネ科) サンシュユ(ミズキ科) カンレンボク(ヌマミズキ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.