Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > ゲンノショウコ(フウロソウ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   シナオケラ(キク科) カカオ(アオギリ科) ツルニンジン(キキョウ科) ゲンノショウコ(フウロソウ科) オミナエシ(オミナエシ科) ハトムギ(イネ科) ミシマサイコ(セリ科)   >]

ゲンノショウコ(フウロソウ科)
ゲンノショウコ(フウロソウ科)

■ゲンノショウコ(フウロソウ科)
下痢止め、整腸の民間薬として知られ、日本薬局方にも収載されており、ドクダミ・センブリとともに「日本三大民間薬」とされています。
花は7月から10月にかけてみられます。写真は紅紫色の花をつけるゲンノショウコです。白花のゲンノショウコも咲いています。
紅紫色花は西日本に多く、白花は東日本に多いとされますが、明確に分かれているわけではなく例外もあります。花の色による薬効の差は無いとされます。

【生薬名】ゲンノショウコ
【薬用部分】地上部
【用途】主に民間療法で整腸・下痢止めに煎用
【成分】タンニン(ゲラニインほか)、フラボノイド(クエルセチン)など
【原産地】日本、朝鮮半島、台湾
【植物のある場所】民間薬原料植物区、林地ほか
【撮影日】2017/08/11

新常用和漢薬集「ゲンノショウコ」


[<   シナオケラ(キク科) カカオ(アオギリ科) ツルニンジン(キキョウ科) ゲンノショウコ(フウロソウ科) オミナエシ(オミナエシ科) ハトムギ(イネ科) ミシマサイコ(セリ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.