Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > クズ(マメ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   スズムシバナ(キツネノマゴ科) ヘディキウム・コロナリウム(ショウガ科) シラヤマギク(キク科) クズ(マメ科) カリガネソウ(クマツヅラ科) ウコン(ショウガ科) ナンバンギセル(ハマウツボ科)   >]

クズ(マメ科)
クズ(マメ科)

■クズ(マメ科)
つるになる大型の多年草で、しばしば10メートル以上の長さに伸びます。
夏の後半から、葉の陰に隠れるように花が咲き、秋の七草のひとつに数えられています。花には「ぶどうジュース」を思わせる甘い香りがあります。
根は太く、薬用として用いられるほか、デンプン質を取り出して葛粉としても利用します。
茎は繊維に、葉は飼料にと、有用性の高い植物として知られています。

【生薬名】カッコン(葛根)、カッカ(葛花)
【薬用部分】根(カッコン)、花(カッカ)
【用途】
  葛根:発汗、解熱、鎮痙(葛根湯)
  葛花:めまい、二日酔い(葛花解醒湯)
【成分】イソフラボン誘導体(プエラリン)等
【原産地】日本、中国、朝鮮半島
【植物のある場所】漢方薬原料植物区
【撮影日】2017/08/28

新常用和漢薬集「カッコン」


[<   スズムシバナ(キツネノマゴ科) ヘディキウム・コロナリウム(ショウガ科) シラヤマギク(キク科) クズ(マメ科) カリガネソウ(クマツヅラ科) ウコン(ショウガ科) ナンバンギセル(ハマウツボ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.