Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > シオン(キク科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   イヌサフラン(ユリ科) トウガラシ(ナス科) タヌキマメ(マメ科) シオン(キク科) スズムシバナ(キツネノマゴ科) ヘディキウム・コロナリウム(ショウガ科) シラヤマギク(キク科)   >]

シオン(キク科)
シオン(キク科)

■シオン(キク科)
*絶滅危惧II類(VU)
山地の湿った草原などに生育する多年草です。庭や公園などに、観賞用として植栽されています。
自生のシオンは、自生地の開発や植生遷移などにより減少し、環境省レッドデータブック(2015)では絶滅危惧II類となっています。

【生薬名】シオン(紫苑)
【薬用部分】根および根茎
【用途】漢方処方用薬:鎮咳、去痰作用(射干麻黄湯:やかんまおうとう 他)
【成分】サポニン(アスターサポニン)など
【原産地】日本(九州・中国地方)、中国(北部・東部)、朝鮮半島、モンゴル、シベリア東部
【植物のある場所】漢方薬原料植物区
【撮影日】2017/09/03


[<   イヌサフラン(ユリ科) トウガラシ(ナス科) タヌキマメ(マメ科) シオン(キク科) スズムシバナ(キツネノマゴ科) ヘディキウム・コロナリウム(ショウガ科) シラヤマギク(キク科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.