Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > ムクロジ(ムクロジ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   ムラサキシキブ(クマツヅラ科) メグスリノキ(カエデ科) コダチダリア(キク科) ムクロジ(ムクロジ科) アカバナサツマノギク(キク科) ヤマジノギク(キク科) ハナノキ(カエデ科)   >]

ムクロジ(ムクロジ科)
ムクロジ(ムクロジ科)

■ムクロジ(ムクロジ科)
わが国の暖地から東南アジアにかけ分布する落葉高木です。日本のものは人為的に植えられて分布が広がった可能性もあります。
葉は1回偶数羽状複葉で、左右の小葉がややズレて生じるのが特徴で、慣れると葉だけでムクロジと判ります。
果実は晩秋に褐色半透明に熟し、果皮部分にサポニンをふくむことから洗剤、洗髪剤として有用で、現在も自然素材の洗剤として利用されることがあります。
ムクロジ科とはあまり聞き慣れない名前かもしれませんが、果物のレイシ(ライチ)や、夏の蔓性草花として知られるフウセンカズラなどがムクロジ科です。
また最近有力となっている葉緑体DNAによる分類体系では、従来のカエデ科やトチノキ科がムクロジ科に編入され、大きなグループとして認識されています。

【用途】果皮:洗剤、種子:羽根つきの珠、木材:器具材
【成分】果皮:サポニン等
【分布】本州(関東甲信越以西)・四国・九州・東南アジア
【植物のある場所】有用樹木区4C(草星舎付近)
【撮影日】2017/11/21


[<   ムラサキシキブ(クマツヅラ科) メグスリノキ(カエデ科) コダチダリア(キク科) ムクロジ(ムクロジ科) アカバナサツマノギク(キク科) ヤマジノギク(キク科) ハナノキ(カエデ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.