Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > セツブンソウ(キンポウゲ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   サンシュユ(ミズキ科) シナマンサク(マンサク科) セリバオウレン(キンポウゲ科) セツブンソウ(キンポウゲ科) フクジュソウ(キンポウゲ科) パフィオペディラム(ラン科) ムユウジュ(マメ科)   >]

セツブンソウ(キンポウゲ科)
セツブンソウ(キンポウゲ科)

■セツブンソウ(キンポウゲ科)
※有毒植物※ 準絶滅危惧(NT)

寒波と雪の影響により、今シーズンはようやく見頃となりました。
山地の木陰などに生育し、とくに石灰岩質の土を好みます。
早春から5月頃までの期間のみ地上部が姿を現す、代表的な早春植物(スプリング・エフェメラル)です。
開花時の草丈は5cmほど、花径は2cmほどの小型の植物です。白い花弁状に見えるものは萼片で、花弁は小さな黄色の蜜腺に変化しています。
同じキンポウゲ科のトリカブトと共通する毒成分を含んでいます。

【有毒成分】アルカロイド(アコニチン)など
【原産地】本州関東地方以西
【植物のある場所】ロックガーデン、林地
【撮影日】2018/02/13


[<   サンシュユ(ミズキ科) シナマンサク(マンサク科) セリバオウレン(キンポウゲ科) セツブンソウ(キンポウゲ科) フクジュソウ(キンポウゲ科) パフィオペディラム(ラン科) ムユウジュ(マメ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.