Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > ウグイスカグラ(スイカズラ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   カタクリ(ユリ科) シュンラン(ラン科) ヒロハノアマナ(ユリ科) ウグイスカグラ(スイカズラ科) サンシュユ(ミズキ科) シナマンサク(マンサク科) セリバオウレン(キンポウゲ科)   >]

ウグイスカグラ(スイカズラ科)
ウグイスカグラ(スイカズラ科)

■ウグイスカグラ(スイカズラ科)
落葉樹林の下などに生育する落葉低木で、都市近郊の緑地などでもよく見られます。
ピンク色のベル形の花が冬のうちから少しずつ咲き、3月下旬になると花数が増えます。
果実は1cm弱の卵形で、5-6月頃に透明感のある赤色に熟し、甘みがあって食べることができます。(薬用植物園は採取禁止です)
ウグイスカグラは、葉・花冠とも概ね無毛です。葉・花冠に粗毛の目立つものをヤマウグイスカグラ、腺毛(分泌物のある毛)の多いものをミヤマウグイスカグラと区別する場合もありますが、中間的なものもみられます。

【分布】北海道、本州、四国、九州
【植物のある場所】林地
【撮影日】2018/03/04


[<   カタクリ(ユリ科) シュンラン(ラン科) ヒロハノアマナ(ユリ科) ウグイスカグラ(スイカズラ科) サンシュユ(ミズキ科) シナマンサク(マンサク科) セリバオウレン(キンポウゲ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.