Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > トサミズキ(マンサク科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   イカリソウ(メギ科) アミガサユリ(ユリ科) アーモンド(バラ科) トサミズキ(マンサク科) アンズ(バラ科) カタクリ(ユリ科) シュンラン(ラン科)   >]

トサミズキ(マンサク科)
トサミズキ(マンサク科)

■トサミズキ(マンサク科)
準絶滅危惧(NT)

庭園や公園樹として身近に植栽されていますが、自生地は高知県の蛇紋岩質地域の一部に限られる、日本の固有種です。
同属のヒュウガミズキよりも大型で成人の背丈を超え、雄しべの葯が紅色であることで区別できます(ヒュウガミズキの葯は黄色)。
花が終わると、大きな楕円形の葉が展開します。

【原産地】四国(高知県)
【植物のある場所】ロックガーデン、屋外集会場舞台脇
【撮影日】2018/03/17


[<   イカリソウ(メギ科) アミガサユリ(ユリ科) アーモンド(バラ科) トサミズキ(マンサク科) アンズ(バラ科) カタクリ(ユリ科) シュンラン(ラン科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.