Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > シロバナシラン(ラン科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   ヒトツバタゴ(モクセイ科) キンラン(ラン科) オドリコソウ(シソ科) シロバナシラン(ラン科) ムサシアブミ(サトイモ科) メコノプシス・グランディス(ケシ科) モンツキヒナゲシ(ケシ科)   >]

シロバナシラン(ラン科)
シロバナシラン(ラン科)

■シロバナシラン(ラン科)
シランの白花品種です。
シランは庭園などによく植栽されていますが、野生は稀で、環境省のレッドリストで準絶滅危惧(NT)に指定されています。

【生薬名】ビャクキュウ
【薬用部分】偽球茎
【用途】漢方処方用薬:止血、排膿(内消散ほか)
【成分】粘液質、澱粉
【分布】日本(本州中南部以南)、中国
【植物のある場所】有用樹木区の樹下
【撮影日】2018/04/16


[<   ヒトツバタゴ(モクセイ科) キンラン(ラン科) オドリコソウ(シソ科) シロバナシラン(ラン科) ムサシアブミ(サトイモ科) メコノプシス・グランディス(ケシ科) モンツキヒナゲシ(ケシ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.