Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > ヒトツバタゴ(モクセイ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   ヤグルマソウ(ユキノシタ科) ケシ(ケシ科) ヒメシャガ(アヤメ科) ヒトツバタゴ(モクセイ科) キンラン(ラン科) オドリコソウ(シソ科) シロバナシラン(ラン科)   >]

ヒトツバタゴ(モクセイ科)
ヒトツバタゴ(モクセイ科)

■ヒトツバタゴ(モクセイ科)
絶滅危惧II類(VU)

ヒトツバタゴが開花しています。例年よりもかなり早期の開花となりました。気温が高いと咲き進みも速くなりますので、早めの観察をおすすめいたします。
長崎県対馬および中部地方木曽川流域に隔離分布する落葉高木です。別名の「ナンジャモンジャ」でもよく知られています。
属名はキオナントゥス(Chionanthus)で、「雪の花」を意味し、季節外れの雪を思わせる純白の花です。

【別名】ナンジャモンジャ
【分布】愛知県・岐阜県・長崎県
【植物のある場所】有用樹木区4C(草星舎やや奥)
【撮影日】2018/04/23


[<   ヤグルマソウ(ユキノシタ科) ケシ(ケシ科) ヒメシャガ(アヤメ科) ヒトツバタゴ(モクセイ科) キンラン(ラン科) オドリコソウ(シソ科) シロバナシラン(ラン科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.