Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > エゴノキ(エゴノキ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   スイカズラ(スイカズラ科) シャクヤク(ボタン科) ハカマオニゲシ(ケシ科) エゴノキ(エゴノキ科) ストエカス・ラベンダー(シソ科) ヤグルマソウ(ユキノシタ科) ケシ(ケシ科)   >]

エゴノキ(エゴノキ科)
エゴノキ(エゴノキ科)

■エゴノキ(エゴノキ科)
*有毒植物*
平地や丘陵の雑木林に多い落葉高木です。花はぶら下がって咲き、独特の香りがあります。
果実には魚毒性のあるサポニンを含み、昔は魚を捕る目的で用いられました(現在、毒流し漁法は禁止されています)。
夏から初秋に果実が熟すと、シジュウカラ科の鳥、ヤマガラが好んでこの果実を食べます。
庭木や公園木に使われることもあります。

【分布】北海道南西部から沖縄、中国、フィリピン北部
【植物のある場所】有毒植物区、林地
【撮影日】2018/05/03


[<   スイカズラ(スイカズラ科) シャクヤク(ボタン科) ハカマオニゲシ(ケシ科) エゴノキ(エゴノキ科) ストエカス・ラベンダー(シソ科) ヤグルマソウ(ユキノシタ科) ケシ(ケシ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.