Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > ハマナス(バラ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   タイマツバナ(シソ科) コエンドロ(セリ科) イブキジャコウソウ(シソ科) ハマナス(バラ科) サルビア・プラテンシス(シソ科) アサツキ(ユリ科) スイカズラ(スイカズラ科)   >]

ハマナス(バラ科)
ハマナス(バラ科)

■ハマナス(バラ科)
北日本の海辺の初夏を彩るバラ属の野生種で、花径8cmに達する大きな花を開きます。
花には芳香があり、香料原料としての需要があります。夏に熟す果実(偽果)は中のタネ(これが真の果実)を取り除くと、食用となります。
また園芸種のバラの母種としても用いられ、ハマナスの血を引くバラ品種(ルゴサ系)は耐寒性、耐病性に優れます。
枝にはたくさんのトゲがありますので、観察のときは注意してください。

【分布】北日本の海岸(北海道から茨城県および島根県)
【植物のある場所】染料香料植物区
【撮影日】2018/05/17


[<   タイマツバナ(シソ科) コエンドロ(セリ科) イブキジャコウソウ(シソ科) ハマナス(バラ科) サルビア・プラテンシス(シソ科) アサツキ(ユリ科) スイカズラ(スイカズラ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.