Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > エキナケア・パリダ(キク科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   オニサルビア(シソ科) ラバンジン・ラベンダー‘グロッソ’(シソ科) ベニバナ(キク科) エキナケア・パリダ(キク科) タイマツバナ(シソ科) コエンドロ(セリ科) イブキジャコウソウ(シソ科)   >]

エキナケア・パリダ(キク科)
エキナケア・パリダ(キク科)

■エキナケア・パリダ(キク科)
アメリカ先住民が民間薬として用いてきた多年草で、ヨーロッパでも一般的なハーブとして利用されます。舌状花は細長く、下垂します。
「エキナセア」と表記することもあります。

【薬用部分】花、根
【用途】欧米ではアレルギー緩和、免疫作用活性化の効果があるとされ、乾燥品の煎液、粉末を用いる
【成分】アルキルアミド、カフェ酸誘導体、多糖類など
【分布】アメリカ中央部
【植物のある場所】民間薬原料植物区ほか
【撮影日】2018/06/01


[<   オニサルビア(シソ科) ラバンジン・ラベンダー‘グロッソ’(シソ科) ベニバナ(キク科) エキナケア・パリダ(キク科) タイマツバナ(シソ科) コエンドロ(セリ科) イブキジャコウソウ(シソ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.