Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > ハナハッカ(シソ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   フシグロセンノウ(ナデシコ科) イランイランノキ(バンレイシ科) ウイキョウ(セリ科) ハナハッカ(シソ科) コガネバナ(シソ科) カルドン(キク科) オタネニンジン(ウコギ科)   >]

ハナハッカ(シソ科)
ハナハッカ(シソ科)

■ハナハッカ(シソ科)
オレガノの名前でハーブとして知られています。料理用ハーブとして、生葉あるいは乾燥した葉を利用します。
独特の香味はピザやパスタなどに欠かせないものとなっています。
淡紅紫色の花がまとまって咲き、和名をハナハッカといいますが、ハッカ属ではありません。

【別名】オレガノ、ワイルドマジョラム
【利用部分】地上部
【用途】料理の香味づけ。イタリア料理、地中海料理など
【成分】精油(チモール等)、タンニン等
【原産地】ヨーロッパ、西アジア
【植物のある場所】染料香料植物区
【撮影日】2018/06/30


[<   フシグロセンノウ(ナデシコ科) イランイランノキ(バンレイシ科) ウイキョウ(セリ科) ハナハッカ(シソ科) コガネバナ(シソ科) カルドン(キク科) オタネニンジン(ウコギ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.