Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > ウコン(ショウガ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   オトコエシ(オミナエシ科) ミズアオイ(ミズアオイ科) フジバカマ(キク科) ウコン(ショウガ科) ナンバンギセル(ハマウツボ科) キンミズヒキ(バラ科) トウテイラン(ゴマノハグサ科)   >]

ウコン(ショウガ科)
ウコン(ショウガ科)

■ウコン(ショウガ科)
花弁のように広がる白色や淡紅色の部分は苞葉(ほうよう)とよばれる特殊化した葉であり、本当の花は苞葉の中に見えている黄色い部分です。
利用部分は地中にある根茎で、その断面は濃黄色から橙色を帯びます。薬用とするほか、カレーの黄色を出すのに不可欠のスパイス(ターメリック)としても知られ、たくあん漬け等の食品着色用の天然色素としても用いられます。

【生薬名】ウコン(鬱金)
【薬用部分】根茎、またはコルク層を除いた根茎
【用途】利胆・健胃薬として漢方処方に配合。また食品の着色料、カレー粉原料
【成分】黄色色素(クルクミン)、精油等
【原産地】熱帯アジア
【植物のある場所】染料香料植物区
【撮影日】2018/08/18

新常用和漢薬集「ウコン」

[<   オトコエシ(オミナエシ科) ミズアオイ(ミズアオイ科) フジバカマ(キク科) ウコン(ショウガ科) ナンバンギセル(ハマウツボ科) キンミズヒキ(バラ科) トウテイラン(ゴマノハグサ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.