Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > トウガン(ウリ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   リクチメン(アオイ科) オナモミ(キク科) タチフウロ(フウロソウ科) トウガン(ウリ科) オトコエシ(オミナエシ科) ミズアオイ(ミズアオイ科) フジバカマ(キク科)   >]

トウガン(ウリ科)
トウガン(ウリ科)

■トウガン(ウリ科)
夏から秋の食材として親しまれるトウガンは、種子を薬用とします。
雌雄同株異花(雄花と雌花が同じ株に咲く)の一年草で、写真は雄花です。
雄花のほうが数が多く、結実しないため「冬瓜の花は咲いても百に一つ」等々、無駄の多い例えにされますが、本種のみならずウリ科は概ね同じような傾向といえます。

【生薬名】トウガシ(冬瓜子)
【薬用部分】種子
【用途】漢方処方用薬:消炎・鎮咳・去痰・排膿作用(大黄牡丹皮湯)
【成分】アルカロイド(トリゴネリン)、脂質、タンパク質など
【原産地】インド
【植物のある場所】漢方薬原料植物区
【撮影日】2018/08/30

[<   リクチメン(アオイ科) オナモミ(キク科) タチフウロ(フウロソウ科) トウガン(ウリ科) オトコエシ(オミナエシ科) ミズアオイ(ミズアオイ科) フジバカマ(キク科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.