Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > オオバナオケラ(キク科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   ステゴビル(ユリ科) シロバナマンジュシャゲ(ヒガンバナ科) クズ(マメ科) オオバナオケラ(キク科) シオン(キク科) リクチメン(アオイ科) オナモミ(キク科)   >]

オオバナオケラ(キク科)
オオバナオケラ(キク科)

■オオバナオケラ(キク科)
オケラに比べて大きな紅紫色の頭花をつけます。
ビャクジュツは、オケラまたは本種の根茎です。オオバナオケラの根茎をカラビャクジュツ(唐白朮)、オケラの根茎をワビャクジュツ(和白朮)と区別することがあります。

【生薬名】ビャクジュツ(白朮)
【薬用部分】根茎
【用途】漢方処方用薬:健胃・整腸・利尿・止瀉(苓桂朮甘湯、六君子湯ほか)
【成分】精油(アトラクチロンなど)
【原産地】中国
【植物のある場所】栽培試験区・漢方薬原料植物区
【撮影日】2018/09/08

新常用和漢薬集「ビャクジュツ」


[<   ステゴビル(ユリ科) シロバナマンジュシャゲ(ヒガンバナ科) クズ(マメ科) オオバナオケラ(キク科) シオン(キク科) リクチメン(アオイ科) オナモミ(キク科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.