Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > クズ(マメ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   アイ(タデ科) ステゴビル(ユリ科) シロバナマンジュシャゲ(ヒガンバナ科) クズ(マメ科) オオバナオケラ(キク科) シオン(キク科) リクチメン(アオイ科)   >]

クズ(マメ科)
クズ(マメ科)

■クズ(マメ科)
8月上旬に開花後、しばらく見られなかったクズの花が再び咲き、甘い香りを放っています。当園のクズは棚仕立てで下から見上げる形ですので、葉の下に咲く花が見つけやすくなっています。
通常、結実率は高くなく、咲き終わった花は大部分が脱落してしまいます。
根は太く、薬用として用いられるほか、デンプン質を葛粉としても利用します。また茎は繊維に、葉は飼料に活用される有用植物でもあります。
一方で、成長の速さから除草が困難な植物でもあり、砂防用や飼料用として本種を導入した米国では、野生化したクズが南部を中心に過繁茂して問題となっています。

【生薬名】カッコン(葛根)、カッカ(葛花)
【薬用部分】根(カッコン)、花(カッカ)
【用途】
  葛根:発汗、解熱、鎮痙(葛根湯)
  葛花:めまい、二日酔い(葛花解醒湯)
【成分】イソフラボン誘導体(プエラリン)等
【原産地】日本、中国、朝鮮半島
【植物のある場所】漢方薬原料植物区
【撮影日】2018/09/08

新常用和漢薬集「カッコン」


[<   アイ(タデ科) ステゴビル(ユリ科) シロバナマンジュシャゲ(ヒガンバナ科) クズ(マメ科) オオバナオケラ(キク科) シオン(キク科) リクチメン(アオイ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.