Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > シロバナマンジュシャゲ(ヒガンバナ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   イヌサフラン「ウォーターリリー」(ユリ科) アイ(タデ科) ステゴビル(ユリ科) シロバナマンジュシャゲ(ヒガンバナ科) クズ(マメ科) オオバナオケラ(キク科) シオン(キク科)   >]

シロバナマンジュシャゲ(ヒガンバナ科)
シロバナマンジュシャゲ(ヒガンバナ科)

■シロバナマンジュシャゲ(ヒガンバナ科)
*有毒植物
淡く黄色または紅色を帯びた白い花を咲かせる、ヒガンバナの仲間です。
赤い花のヒガンバナと、黄色い花のショウキズイセンの交雑に起源したものと推定されています。

【原産地】雑種起源
【植物のある場所】水生植物区(池の周囲)ほか
【撮影日】2018/09/18


[<   イヌサフラン「ウォーターリリー」(ユリ科) アイ(タデ科) ステゴビル(ユリ科) シロバナマンジュシャゲ(ヒガンバナ科) クズ(マメ科) オオバナオケラ(キク科) シオン(キク科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.