Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > ロウバイ(ロウバイ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   スノードロップ(ヒガンバナ科) マンネンロウ(シソ科) アリマウマノスズクサ(ウマノスズクサ科) ロウバイ(ロウバイ科) クリスマスローズ(キンポウゲ科) ムクロジ(ムクロジ科) ハゼノキ(ウルシ科)   >]

ロウバイ(ロウバイ科)
ロウバイ(ロウバイ科)

■ロウバイ(ロウバイ科)
*有毒植物*
冬空の下、良い香りを漂わせるロウバイの開花が始まっています。
今年は最も早い1本が上旬から咲き出し、すでに花数も増えてきました。
写真のロウバイは基本種で、外側の花被片が黄色、内側の花被片が紫色です。
よく知られている花全体が黄色のロウバイはソシンロウバイといい、そちらの見頃は年明けと見込まれます。
なお、ロウバイ、ソシンロウバイとも、全株、とくに種子にはカリカンチンという有毒成分を含み、誤って食べると筋肉のけいれん等を起こします。

【原産地】中国
【植物のある場所】有用樹木区(敷地奥:開花中)
【撮影日】2018/12/10

[<   スノードロップ(ヒガンバナ科) マンネンロウ(シソ科) アリマウマノスズクサ(ウマノスズクサ科) ロウバイ(ロウバイ科) クリスマスローズ(キンポウゲ科) ムクロジ(ムクロジ科) ハゼノキ(ウルシ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.