Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > サンシュユ(ミズキ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   アンズ(バラ科) トサミズキ(マンサク科) セリバオウレン(キンポウゲ科) サンシュユ(ミズキ科) マツリカ(モクセイ科) セツブンソウ(キンポウゲ科) フクジュソウ(キンポウゲ科)   >]

サンシュユ(ミズキ科)
サンシュユ(ミズキ科)

■サンシュユ(ミズキ科)
寒さが緩むとともに、明黄色の花序がほころびました。
植物学者の牧野富太郎博士は、この様子に「ハルコガネバナ」の名を与えました。
わが国へは享保年間(1720年頃)にもたらされ、小石川御薬園に初めて植えられたとされ、以来、庭園樹や公園樹、ときには街路樹としても親しまれています。
薬用部分は果実(子房周囲の花托筒に由来するため、正確には「偽果」)で、秋、赤く熟した頃に収穫して調製します。

【別名】ハルコガネバナ、アキサンゴ
【生薬名】サンシュユ(山茱萸)
【薬用部分】偽果の果肉
【用途】漢方処方用薬:強壮・収斂(八味地黄丸)
【成分】イリドイド配糖体(ロガニンなど)、有機酸、テルペン類など
【原産地】朝鮮半島、中国
【植物のある場所】有用樹木区
【撮影日】2019/02/20

新常用和漢薬集「サンシュユ」


[<   アンズ(バラ科) トサミズキ(マンサク科) セリバオウレン(キンポウゲ科) サンシュユ(ミズキ科) マツリカ(モクセイ科) セツブンソウ(キンポウゲ科) フクジュソウ(キンポウゲ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.