Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > トキワイカリソウ(メギ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   サトザクラ「コマツナギ」(バラ科) ニリンソウ(キンポウゲ科) モミジイチゴ(バラ科) トキワイカリソウ(メギ科) ヒトリシズカ(センリョウ科) ハシリドコロ(ナス科) アミガサユリ(ユリ科)   >]

トキワイカリソウ(メギ科)
トキワイカリソウ(メギ科)

■トキワイカリソウ(メギ科)
日本海側に多い常緑多年草です。
葉は厚く光沢があり、枯れずに越冬し、翌年の開花期まで残存しています。
他の同属植物とともに、生薬のインヨウカクの基原植物となっています。

【生薬名】インヨウカク(淫羊霍)
【薬用部分】地上部
【用途】民間療法で補精・強壮薬として煎じたり、酒に浸して服用される。
【成分】フラボノイド(イカリイン)など、根と茎にはアルカロイド(マグノフロリン)を含有
【分布】北陸地方以から山陰地方
【植物のある場所】ロックガーデン
【撮影日】2019/03/25

新常用和漢薬集「インヨウカク」


[<   サトザクラ「コマツナギ」(バラ科) ニリンソウ(キンポウゲ科) モミジイチゴ(バラ科) トキワイカリソウ(メギ科) ヒトリシズカ(センリョウ科) ハシリドコロ(ナス科) アミガサユリ(ユリ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.