Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > ニリンソウ(キンポウゲ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   ミツバアケビ(アケビ科) クロガラシ(アブラナ科) サトザクラ「コマツナギ」(バラ科) ニリンソウ(キンポウゲ科) モミジイチゴ(バラ科) トキワイカリソウ(メギ科) ヒトリシズカ(センリョウ科)   >]

ニリンソウ(キンポウゲ科)
ニリンソウ(キンポウゲ科)

■ニリンソウ(キンポウゲ科)
丘陵や山地の適湿な林床に生育する多年草で、しばしば大群落になります。
春先に芽生えて速やかに開花し、初夏には結実して地上部が枯れ、残りの期間を休眠する典型的な春植物(スプリング・エフェメラル)です。
包葉の上にふつう2輪(ときに1-3輪)の白い花を、時間差をつけて咲かせます。
キンポウゲ科の中では珍しく、山菜として利用される場合もあります。
しかし猛毒のトリカブトなども、同じ環境によく似た芽生えを生じます。確実に同定できない限り食用とするべきではありません。

【分布】北海道から九州
【植物のある場所】ロックガーデン、林地
【撮影日】2019/04/01


[<   ミツバアケビ(アケビ科) クロガラシ(アブラナ科) サトザクラ「コマツナギ」(バラ科) ニリンソウ(キンポウゲ科) モミジイチゴ(バラ科) トキワイカリソウ(メギ科) ヒトリシズカ(センリョウ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.