Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > ミツバアケビ(アケビ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   ブルーベリー(ツツジ科) モモ(バラ科) イカリソウ(メギ科) ミツバアケビ(アケビ科) クロガラシ(アブラナ科) サトザクラ「コマツナギ」(バラ科) ニリンソウ(キンポウゲ科)   >]

ミツバアケビ(アケビ科)
ミツバアケビ(アケビ科)

■ミツバアケビ(アケビ科)
つる性の樹木で、他の高木にからみついて生育します。
ミツバアケビはその和名の通り3枚の小葉からなる複葉をもち、花はアケビよりも濃い紫色で雌雄異花、春の展葉とほぼ同時に開きます。
秋に熟して裂開する果実は外皮の紫色が美しく、アケビよりも大型です。このため青果用に栽培・流通する「あけび」には本種がよく用いられます。
薬用植物としては、アケビとともに生薬のモクツウの基原植物となっています。

【生薬名】モクツウ(木通)
【薬用部分】つる性の茎
【用途】漢方処方用薬:尿路疾患用薬(五淋散・加味解毒湯ほか)
    また、むくみ等に煎用、配合剤の原料とする。
【成分】サポニン類(アケボシド)ほか
【分布】北海道から九州、中国
【植物のある場所】漢方薬原料植物区(アケビ棚)ほか
【撮影日】2019/04/09


[<   ブルーベリー(ツツジ科) モモ(バラ科) イカリソウ(メギ科) ミツバアケビ(アケビ科) クロガラシ(アブラナ科) サトザクラ「コマツナギ」(バラ科) ニリンソウ(キンポウゲ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.