Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > ガンゼキラン(ラン科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   フタリシズカ(センリョウ科) カミツレ(キク科) キンラン(ラン科) ガンゼキラン(ラン科) ショウブ(サトイモ科) サトザクラ「カンザン」(バラ科) アオダモ(モクセイ科)   >]

ガンゼキラン(ラン科)
ガンゼキラン(ラン科)

■ガンゼキラン(ラン科)
絶滅危惧II類(VU)
霜の降りない暖かい地方の常緑樹林に生育する地生ランです。
自生地では森林の伐採や、園芸目的の盗掘などにより個体数が少なくなり絶滅危惧植物に指定されています。
漢字では「岩石蘭」と書き、地表部の偽球茎(ぎきゅうけい。バルブともいう)が、ゴツゴツとして岩のようだということから名づけられたようです。

【原産地】伊豆諸島、静岡県、紀伊半島、四国、九州、沖縄
【植物のある場所】温室エントランス
【撮影日】2019/04/29


[<   フタリシズカ(センリョウ科) カミツレ(キク科) キンラン(ラン科) ガンゼキラン(ラン科) ショウブ(サトイモ科) サトザクラ「カンザン」(バラ科) アオダモ(モクセイ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.