Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > トウキ(セリ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   コガネバナ(シソ科) ラバンジン・ラベンダー‘グロッソ’(シソ科) ハナハッカ(シソ科) トウキ(セリ科) ホタルブクロ(キキョウ科) チコリ(キク科) サボンソウ(ナデシコ科)   >]

トウキ(セリ科)
トウキ(セリ科)

■トウキ(セリ科)
日本薬局方に規定されるトウキは日本原産で、ミヤマトウキ(イワテトウキ)あるいはツクバトウキが栽培化された等の説があります。
生薬生産用のトウキ畑では、薬用部分の根を充実させるために花を咲かせないように栽培しますので、トウキの花を観察できるのは、薬用植物園ならではです。

【生薬名】トウキ(当帰)
【薬用部分】根
【用途】漢方処方用薬:生理異常、貧血、冷え症の処方に配合(当帰芍薬散ほか)
【成分】精油(リグスティライドなど)
【原産地】日本
【植物のある場所】漢方薬原料植物区
【撮影日】2019/06/19

新常用和漢薬集「トウキ」



[<   コガネバナ(シソ科) ラバンジン・ラベンダー‘グロッソ’(シソ科) ハナハッカ(シソ科) トウキ(セリ科) ホタルブクロ(キキョウ科) チコリ(キク科) サボンソウ(ナデシコ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.