Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > カンレンボク(ヌマミズキ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   コバギボウシ(ユリ科) フジバカマ(キク科) ミソハギ(ミソハギ科) カンレンボク(ヌマミズキ科) オミナエシ(オミナエシ科) レンゲショウマ(キンポウゲ科) センニンソウ(キンポウゲ科)   >]

カンレンボク(ヌマミズキ科)
カンレンボク(ヌマミズキ科)

■カンレンボク(ヌマミズキ科)
カンレンボク(ヌマミズキ科)

中国原産の落葉高木です。夏の暑い盛りに白い球状の花序をつけています。
この植物がつくる「カンプトテシン」は、DNAのらせんをほどく酵素「DNAトポイソメラーゼI」の働きを止めて、DNAの複製、ひいては細胞分裂を阻害する性質を持ちます。
その性質を保ちつつ、水への溶解性などを改善した誘導体であるイリノテカン等が抗がん剤として実用化されています。
興味深いことに、カンレンボク自身のDNAトポイソメラーゼIは、一部のアミノ酸配列が変化してカンプトテシンへの耐性を備えています。
晩秋になると球状の果序をつけた姿がみられます。多くの実をつけることから、子孫繁栄・喜びの木として別名をキジュ(喜樹)といいます。

【別名】キジュ(喜樹)
【薬用部分】果実、根
【用途】植物体からカンプトテシンを単離し、抗がん剤イリノテカンの合成原料とする。
【成分】カンプトテシン、ベノテルビン
【原産地】中国
【植物のある場所】有用樹木区(ケシ・アサ試験区奥)
【撮影日】2019/07/31


[<   コバギボウシ(ユリ科) フジバカマ(キク科) ミソハギ(ミソハギ科) カンレンボク(ヌマミズキ科) オミナエシ(オミナエシ科) レンゲショウマ(キンポウゲ科) センニンソウ(キンポウゲ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.