Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > ヤマハギ(マメ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   オナモミ(キク科) サトイモ(サトイモ科) ヘディキウム・コロナリウム(ショウガ科) ヤマハギ(マメ科) ローゼル(アオイ科) ジュズダマ(イネ科) ツリガネニンジン(キキョウ科)   >]

ヤマハギ(マメ科)
ヤマハギ(マメ科)

■ヤマハギ(マメ科)
秋の七草のひとつ「ハギ」は総称であり、通常、マメ科ハギ属の中でヤマハギに近縁な低木ないし半低木(多年草と低木の中間)のグループを指します。日本には十種あまりが自生します。
ヤマハギは丘陵や山地の日当たりのよい場所に自生し、枝があまり下垂せず、葉よりも長い花序をもつハギです。
花序が葉よりも短く詰まったマルバハギや、クリーム色と紅色の複色花をつけるキハギも、同じような環境にみられます。
枝が優美に下垂し、庭園に植栽されるミヤギノハギは宮城県に自生が見られず、日本海側に産するケハギ、あるいは中国原産の野生種に由来する等の諸説があります。

【分布】北海道から九州・朝鮮半島・中国北部・ロシア
【植物のある場所】温室前アプローチほか
【撮影日】2019/09/04


[<   オナモミ(キク科) サトイモ(サトイモ科) ヘディキウム・コロナリウム(ショウガ科) ヤマハギ(マメ科) ローゼル(アオイ科) ジュズダマ(イネ科) ツリガネニンジン(キキョウ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.