Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > チョウマメ(マメ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   ステビア(キク科) リクチメン(アオイ科) ツルドクダミ(タデ科) チョウマメ(マメ科) シモバシラ(シソ科) ミシマサイコ(セリ科) オナモミ(キク科)   >]

チョウマメ(マメ科)
チョウマメ(マメ科)

■チョウマメ(マメ科)
つる性の多年草で、日本では一年草として栽培されます。
花はマメ科に特徴的な蝶形花です。多くのマメ科植物とは逆向きに、旗弁(大きい花びら)を下にして開花します。
英名のバタフライ・ピーの名でも知られます。花の青い色素は飲料(ハーブティー)や菓子を青く着色する目的でも用いられます。

【原産地】熱帯アジア
【植物のある場所】温室前(鉢)
【撮影日】2019/10/04


[<   ステビア(キク科) リクチメン(アオイ科) ツルドクダミ(タデ科) チョウマメ(マメ科) シモバシラ(シソ科) ミシマサイコ(セリ科) オナモミ(キク科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.