Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > ツルドクダミ(タデ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   アイ(タデ科) ステビア(キク科) リクチメン(アオイ科) ツルドクダミ(タデ科) チョウマメ(マメ科) シモバシラ(シソ科) ミシマサイコ(セリ科)   >]

ツルドクダミ(タデ科)
ツルドクダミ(タデ科)

■ツルドクダミ(タデ科)
タデ科に属する、つる性多年草です。心形の葉がドクダミに似ていることによる命名ですが、ドクダミとは科のレベルで異なり、写真の通り花の様子もまったく異なります。
江戸時代、長崎で薬用として導入され、その後各藩の大名屋敷などで栽培されました。現在も屋敷のあった各地の都市に野生化したツルドクダミが見られます。

【生薬名】カシュウ(何首烏)
【薬用部分】根茎
【用途】漢方処方用薬:貧血、不眠(当帰飲子)
【成分】アントラキノン類、スチルベン配糖体等
【原産地】中国、台湾原産、日本各地に帰化
【植物のある場所】漢方薬原料植物区
【撮影日】2019/10/04


[<   アイ(タデ科) ステビア(キク科) リクチメン(アオイ科) ツルドクダミ(タデ科) チョウマメ(マメ科) シモバシラ(シソ科) ミシマサイコ(セリ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.