Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > センブリ(リンドウ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   リョウリギク(キク科) ムラサキセンブリ(リンドウ科) シマカンギク(キク科) センブリ(リンドウ科) ヤマジノギク(キク科) ラッキョウ(ユリ科) リンドウ(リンドウ科)   >]

センブリ(リンドウ科)
センブリ(リンドウ科)

■センブリ(リンドウ科)
山野に生育する二年草です。生育1年目はロゼット状の目立たない姿で越冬し、2年目の秋に茎を立ち上げて開花します。
植物全体に残留性の苦味をもち、わが国では室町時代から健胃、腹痛などの薬用にされてきました。センブリは朝鮮半島から中国にも分布しますが、薬用とするのはわが国に限られるようです。
外国植物区の樹下で生育良好なため、日本を代表する民間薬の基原植物ではありますが、外国植物区にあります。開花期間中は、外国植物区内に立ち入ってご覧いただけます。

【生薬名】センブリ(当薬)
【薬用部分】開花期の全草
【用途】消化不良、食欲不振に苦味健胃薬、整腸薬として熱湯中に浸して振り出し、または煎剤として服用される。
【成分】苦味成分セコイリドイド配糖体(スウェルチアマリンなど)、キサントン誘導体、トリテルペンなど
【分布】北海道西南部、本州、四国、九州、朝鮮半島、中国大陸
【植物のある場所】外国植物区ほか
【撮影日】2019/11/02

新常用和漢薬集「センブリ」

[<   リョウリギク(キク科) ムラサキセンブリ(リンドウ科) シマカンギク(キク科) センブリ(リンドウ科) ヤマジノギク(キク科) ラッキョウ(ユリ科) リンドウ(リンドウ科)   >]



バナーエリア
薬用植物・生薬に関する講座
薬用植物国内栽培事業
新常用和漢薬集
イベント情報
薬草教室
会報
生薬写真集
東京都 医薬品医療機器等法Web講習会(外部サイト)

当協会関係者のアドレス(@tokyo-shoyaku.jp)を騙ったウイルス感染メールが当協会外から発信されていることが確認されました。 ご注意をお願い申し上げます。近々ドメインを変更予定です。

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.