Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > シュンラン(ラン科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   エンゴサク(ケシ科) モミジイチゴ(バラ科) ヒロハノアマナ(ユリ科) シュンラン(ラン科) アオイスミレ(スミレ科) トサミズキ(マンサク科) サンシュユ(ミズキ科)   >]

シュンラン(ラン科)
シュンラン(ラン科)

■シュンラン(ラン科)
落葉樹林の乾いた林床に生育する地生ランです。
都市近郊の山林では貴重な存在になりつつあり、都道府県単位では絶滅危惧ランクが指定されている地域もあります。
咲きかけの花を塩漬にして、祝宴の席にいただく「蘭茶」などに用います。

【分布】北海道(奥尻島)から九州、中国大陸、朝鮮半島
【植物のある場所】林地全体
【撮影日】2020/02/29


[<   エンゴサク(ケシ科) モミジイチゴ(バラ科) ヒロハノアマナ(ユリ科) シュンラン(ラン科) アオイスミレ(スミレ科) トサミズキ(マンサク科) サンシュユ(ミズキ科)   >]



バナーエリア
薬用植物・生薬に関する講座
薬用植物国内栽培事業
新常用和漢薬集
イベント情報
薬草教室
会報
生薬写真集
東京都 医薬品医療機器等法Web講習会(外部サイト)

当協会関係者のアドレス(@tokyo-shoyaku.jp)を騙ったウイルス感染メールが当協会外から発信されていることが確認されました。 ご注意をお願い申し上げます。近々ドメインを変更予定です。

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.