Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > ハマビシ(ハマビシ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   ゴボウ(キク科) メハジキ(シソ科) ソクズ(スイカズラ科) ハマビシ(ハマビシ科) タイマツバナ(シソ科) フシグロセンノウ(ナデシコ科) ナツズイセン(ヒガンバナ科)   >]

ハマビシ(ハマビシ科)
ハマビシ(ハマビシ科)

■ハマビシ(ハマビシ科)
絶滅危惧IB類(EN)
千葉県・福井県以南の海岸に生育する一年草ないし二年草です。
開花の時間は主に午前中ですので、観察にはお早めの時間帯のご来園をおすすめします。
埋立や開発によって自然の海岸が少なくなっていること、また果実の鋭いトゲゆえに海水浴場等では除去対象となることなどから日本国内での生育適地が減少しており、絶滅危惧IB類(EN)に指定されています。
ハマビシの果実は生薬名をシツリシと称し、駆瘀血などの目的で漢方薬方に用いられます。
本種の配合をうたうサプリメントが販売されていますが、シツリシは医薬品成分とされており、いわゆる健康食品や食用に供することは禁止されていますので要注意です。
【生薬名】シツリシ(蒺?子)
【薬用部分】果実
【用途】漢方処方用薬:鎮痒(当帰飲子)
【成分】フェネチルアミン誘導体(テレストリアミド)、フラボノイド(ケンフェロール)他
【分布】本州(千葉県・福井県以南)、四国、九州、南アジア
【植物のある場所】漢方薬原料植物区
【撮影日】2020/07/20

[<   ゴボウ(キク科) メハジキ(シソ科) ソクズ(スイカズラ科) ハマビシ(ハマビシ科) タイマツバナ(シソ科) フシグロセンノウ(ナデシコ科) ナツズイセン(ヒガンバナ科)   >]



バナーエリア
薬用植物・生薬に関する講座
薬用植物国内栽培事業
新常用和漢薬集
イベント情報
薬草教室
会報
生薬写真集
東京都 医薬品医療機器等法Web講習会(外部サイト)

当協会関係者のアドレス(@tokyo-shoyaku.jp)を騙ったウイルス感染メールが当協会外から発信されていることが確認されました。 ご注意をお願い申し上げます。近々ドメインを変更予定です。

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.