Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > クコ(ナス科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   アカバナサツマノギク(キク科) ヤマジノギク(キク科) ハナノキ(カエデ科) クコ(ナス科) ハゼノキ(ウルシ科) ツメレンゲ(ベンケイソウ科) ヒヨドリジョウゴ(ナス科)   >]

クコ(ナス科)
クコ(ナス科)

■クコ(ナス科)
川の土手、海沿いなどに多い低木です。図鑑では落葉低木と記載されることが多いですが、関東やそれより暖地では冬も葉の残ることが多いです。
果実、葉、根皮がそれぞれ生薬として利用されます。
このうち「クコシ」「ジコッピ」は日本薬局方に収載されています。

【生薬名】クコシ(枸杞子)、ジコッピ(地骨皮)、クコヨウ(枸杞葉)
【薬用部分】果実(枸杞子)、葉(枸杞葉)、根皮(地骨皮)
【用途】漢方処方用薬:疲労回復、解熱、滋養強壮強精作用(杞菊地黄丸ほか)、民間薬:滋養強壮作用
【成分】果実にベタイン、カロテノイドなど。葉にフラボノイド(ルチン)、ベタインなど。根皮にアルカロイドなど。
【分布】日本全国、中国、東アジア
【植物のある場所】民間薬原料植物区
【撮影日】2017/11/07

新常用和漢薬集「クコシ」


[<   アカバナサツマノギク(キク科) ヤマジノギク(キク科) ハナノキ(カエデ科) クコ(ナス科) ハゼノキ(ウルシ科) ツメレンゲ(ベンケイソウ科) ヒヨドリジョウゴ(ナス科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.