Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > モモ(バラ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   アカヤジオウ(ゴマノハグサ科) ヤマブキ(バラ科) ブルーベリー(ツツジ科) モモ(バラ科) イカリソウ(メギ科) ミツバアケビ(アケビ科) クロガラシ(アブラナ科)   >]

モモ(バラ科)
モモ(バラ科)

■モモ(バラ科)
桃の花は旧暦3月の桃の節句の頃、現在の暦では4月に開花します。
新暦3月3日に咲いているモモは促成栽培しています。
モモの果肉の中心にある硬い「核」を割ると、中に種子が1個入っています。
この種子をトウニン(桃仁)と称し、漢方処方用薬とします。

【生薬名】トウニン(桃仁)
【薬用部分】種子
【用途】漢方処方用薬:駆瘀血・潤腸(桃核承気湯・潤腸湯ほか)
【成分】青酸配糖体(アミグダリン)、脂肪油ほか
【原産地】中国
【植物のある場所】漢方薬原料植物区
【撮影日】2019/04/09

新常用和漢薬集「トウニン」


[<   アカヤジオウ(ゴマノハグサ科) ヤマブキ(バラ科) ブルーベリー(ツツジ科) モモ(バラ科) イカリソウ(メギ科) ミツバアケビ(アケビ科) クロガラシ(アブラナ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.