Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > ヒナゲシ(ケシ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   ロサ・カニナ(バラ科) ヒトツバタゴ(モクセイ科) ハナビシソウ(ケシ科) ヒナゲシ(ケシ科) フタリシズカ(センリョウ科) カミツレ(キク科) キンラン(ラン科)   >]

ヒナゲシ(ケシ科)
ヒナゲシ(ケシ科)

■ヒナゲシ(ケシ科)
法律により規制されない「けし」の代表的な種類です。
花色は濃い赤色で、原産地のヨーロッパでは草地や麦畑に生える、ありふれた野草となっています。
花壇用では、本種より作出された園芸種で花色が多彩な「シャーレーポピー」が好んで植えられています。

【別名】コーンポピー、グビジンソウ(虞美人草)
【原産地】ヨーロッパ
【植物のある場所】栽培試験区
【撮影日】2019/04/29


[<   ロサ・カニナ(バラ科) ヒトツバタゴ(モクセイ科) ハナビシソウ(ケシ科) ヒナゲシ(ケシ科) フタリシズカ(センリョウ科) カミツレ(キク科) キンラン(ラン科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.