Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > ロサ・カニナ(バラ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   エゴノキ(エゴノキ科) カノコソウ(オミナエシ科) シロバナムシヨケギク(キク科) ロサ・カニナ(バラ科) ヒトツバタゴ(モクセイ科) ハナビシソウ(ケシ科) ヒナゲシ(ケシ科)   >]

ロサ・カニナ(バラ科)
ロサ・カニナ(バラ科)

■ロサ・カニナ(バラ科)
ヨーロッパで広く普通にみられる野生バラで、ゲーテの詩やシューベルトの歌曲に歌われる「野ばら」のモデルは、このバラであるとも言われます。
花は淡紅色で直径5cmほどの一重咲きです。
果実は秋に赤く熟し、ローズヒップと呼ばれ、茶剤(ローズヒップティー)として飲用されます。
英名ではドッグローズ、これを直訳したイヌバラという和名もあります。また学名(種小名)のカニナ(canina)も「犬の」という意味です。

【利用部分】果実(正確には偽果といい、果実を包む部分)
【用途】ハーブティー(ローズヒップティー)
【原産地】ヨーロッパ
【植物のある場所】ふれあいガーデンほか
【撮影日】2019/05/13


[<   エゴノキ(エゴノキ科) カノコソウ(オミナエシ科) シロバナムシヨケギク(キク科) ロサ・カニナ(バラ科) ヒトツバタゴ(モクセイ科) ハナビシソウ(ケシ科) ヒナゲシ(ケシ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.