Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > ウツボグサ(シソ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   チコリ(キク科) サボンソウ(ナデシコ科) ベニバナ(キク科) ウツボグサ(シソ科) イブキトラノオ(タデ科) イブキジャコウソウ(シソ科) オリエンタルポピー(ケシ科)   >]

ウツボグサ(シソ科)
ウツボグサ(シソ科)

■ウツボグサ(シソ科)
山野の日当たりの良い場所に生育する多年草です。
名前の由来は、魚のウツボではなく、靫(うつぼ)という矢を入れる道具に花序の様子が似ていることによると言われます。

【生薬名】カゴソウ(夏枯草)
【薬用部分】花穂(かすい)
【用途】民間療法として利尿、消炎作用による腫れ物、浮腫に使う
【成分】トリテルペン配糖体(プルネリン)など
【原産地】日本、朝鮮半島、台湾、中国および東アジア温帯
【植物のある場所】民間薬原料植物区
【撮影日】2019/06/04


[<   チコリ(キク科) サボンソウ(ナデシコ科) ベニバナ(キク科) ウツボグサ(シソ科) イブキトラノオ(タデ科) イブキジャコウソウ(シソ科) オリエンタルポピー(ケシ科)   >]



バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.