Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > センニンソウ(キンポウゲ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   カンレンボク(ヌマミズキ科) オミナエシ(オミナエシ科) レンゲショウマ(キンポウゲ科) センニンソウ(キンポウゲ科) ソクズ(スイカズラ科) コオニユリ(ユリ科) インドジャボク(キョウチクトウ科)   >]

センニンソウ(キンポウゲ科)
センニンソウ(キンポウゲ科)

■センニンソウ(キンポウゲ科)
*有毒植物*
山野をはじめ道端などにも生えるつる性多年草で、初夏から秋まで開花します。花には若干の芳香があります。
園芸植物のクレマチスと同属であり、原種系クレマチスとして栽培されることもあります。
茎や葉の液汁に触れると皮膚炎を起こします。また雨の日に花粉が付着した場合も同様に炎症を起こすことがあります。
本種を含め、クレマチスの手入れのときは手袋や保護めがねなどを着用することが望ましいです。

【有毒成分】プロトアネモニン
【原産地】日本、朝鮮半島、中国
【植物のある場所】有毒植物区ほか
【撮影日】2019/07/31


[<   カンレンボク(ヌマミズキ科) オミナエシ(オミナエシ科) レンゲショウマ(キンポウゲ科) センニンソウ(キンポウゲ科) ソクズ(スイカズラ科) コオニユリ(ユリ科) インドジャボク(キョウチクトウ科)   >]



バナーエリア
薬用植物・生薬に関する講座
薬用植物国内栽培事業
新常用和漢薬集
イベント情報
薬草教室
会報
生薬写真集
東京都 医薬品医療機器等法Web講習会(外部サイト)

当協会関係者のアドレス(@tokyo-shoyaku.jp)を騙ったウイルス感染メールが当協会外から発信されていることが確認されました。 ご注意をお願い申し上げます。近々ドメインを変更予定です。

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.