Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > クサノオウ(ケシ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   カノコソウ(オミナエシ科) クサノオウ(ケシ科) ラベンダー「アボン・ビュー」(シソ科) ハマナス(バラ科) シャクヤク(ボタン科) オタネニンジン(ウコギ科) シロバナムシヨケギク(キク科)   >]

クサノオウ(ケシ科)
クサノオウ(ケシ科)

■クサノオウ(ケシ科)
*有毒植物*
林縁や草地に多い越年草で、全体に白い毛が多く、春から秋にかけて長い期間、黄色の4弁花を咲かせます。茎や葉を傷つけると黄色い有毒な液汁が出てきます。
基準変種(ヨウシュクサノオウ)を含めるとユーラシア大陸に広く分布しており、ヨーロッパの野原にもほとんど同じものがみられます。
有毒植物であり、改正食品衛生法(2020年6月1日施行)において、特別の注意を必要とするものとして指定成分のひとつに指定されています。
誤食すると胃腸粘膜のただれ、呼吸麻痺などを起こし、注意が必要です。

【分布】北海道から九州、中国、朝鮮半島など
【有毒部位】全草
【有毒成分】アルカロイド(ケリドニン他)
【植物のある場所】正門付近、有毒植物区ほか
【撮影日】2020/05/16


[<   カノコソウ(オミナエシ科) クサノオウ(ケシ科) ラベンダー「アボン・ビュー」(シソ科) ハマナス(バラ科) シャクヤク(ボタン科) オタネニンジン(ウコギ科) シロバナムシヨケギク(キク科)   >]



バナーエリア
薬用植物・生薬に関する講座
薬用植物国内栽培事業
新常用和漢薬集
イベント情報
薬草教室
会報
生薬写真集
東京都 医薬品医療機器等法Web講習会(外部サイト)

当協会関係者のアドレス(@tokyo-shoyaku.jp)を騙ったウイルス感染メールが当協会外から発信されていることが確認されました。 ご注意をお願い申し上げます。近々ドメインを変更予定です。

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.