Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報 > オニユリ(ユリ科)

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。

[<   ハブソウ(マメ科) エビスグサ(マメ科) ノゲイトウ(ヒユ科) オニユリ(ユリ科) ゴボウ(キク科) メハジキ(シソ科) ソクズ(スイカズラ科)   >]

オニユリ(ユリ科)
オニユリ(ユリ科)

■オニユリ(ユリ科)
赤橙色の地色に、褐色の斑点のある花を下向きに咲かせるユリです。
葉の付け根に黒っぽい珠芽(ムカゴ)を生じ、これで繁殖します。花色が同じコオニユリとはムカゴの有無で区別できます。
地中に形成される鱗茎(りんけい。いわゆるユリ根)を構成する「りん片葉」(りんぺんよう)を通例蒸したものを生薬とします。百合と書いて通常「ゆり」と読ませますが、生薬名ではこれを音読みしてビャクゴウと称します。
【別名】テンガイユリ(天蓋百合)
【生薬名】ビャクゴウ(百合)
【薬用部分】りん片葉
【用途】漢方処方用薬:滋養、利尿、鎮咳、精神安定作用(辛夷清肺湯ほか)
【成分】サポニン、デンプン、蛋白質、脂肪など
【原産地】中国原産、日本各地に野生化
【植物のある場所】漢方薬原料植物区、ロックガーデン他
【撮影日】2020/07/27


[<   ハブソウ(マメ科) エビスグサ(マメ科) ノゲイトウ(ヒユ科) オニユリ(ユリ科) ゴボウ(キク科) メハジキ(シソ科) ソクズ(スイカズラ科)   >]



バナーエリア
薬用植物・生薬に関する講座
薬用植物国内栽培事業
新常用和漢薬集
イベント情報
薬草教室
会報
生薬写真集
東京都 医薬品医療機器等法Web講習会(外部サイト)

当協会関係者のアドレス(@tokyo-shoyaku.jp)を騙ったウイルス感染メールが当協会外から発信されていることが確認されました。 ご注意をお願い申し上げます。近々ドメインを変更予定です。

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.