Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。






並び替え:   タイトル ( up down )   更新日時 ( up down )   ヒット数 ( up down )  
現在の並び順: 更新日時 (新→旧)

1 番 - 6 番を表示 (全 1404 枚)
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 ... [234] »

■ミソハギ(ミソハギ科)
日当たりのよい湿地を好んで自生しますが、栽培は普通の土壌でもよく育ちます。ハギの仲間(マメ科)ではありません。
和名は溝萩、または禊萩(みそぎはぎ)に由来するとの説があります。
開花期は7-9月、旧盆の時期に満開となり、仏壇やお墓などに供える花に用いられることから、盆花、精霊花という呼び名があります。
直立した花茎が群れて夏風にそよぐ姿は涼感を覚えます。

【別名】ボンバナ(盆花)、ショウリョウバナ(精霊花)
【生薬名】センクツサイ(千屈菜)
【薬用部分】全草
【用途】民間療法で急性腸炎、下痢止め等に煎じて服用する
【成分】トリテルペン、タンニンなど
【原産地】日本(本州から九州)、朝鮮半島
【植物のある場所】民間薬原料植物区
【撮影日】2020/07/08

■オオケタデ(タデ科)
熱帯アジア原産の大型の1年草で、観賞用に植えられたり、しばしば空地などに野生化しているのも見かけます。
江戸時代の本草書には「おでき」等に用いたとの記述があります。

【別名】オオベニタデ
【原産地】熱帯アジア
【植物のある場所】民間薬原料植物区
【撮影日】2020/07/08


■オオボウシバナ(ツユクサ科)
ツユクサの変種(栽培種)で、花の大きさが4cmほどになります。花の色素を利用するために栽培されます。
この青色色素はコンメリニンとよばれ、水で希釈してゆくと色を失う性質により痕を残さず洗い流せるため、友禅染の下絵描きに用いられます。
ボウシバナ(帽子花)とはツユクサの別名で、花序を包んでいる半円形の苞を、帽子に見立てた名前と言われています。
ツユクサと同様、昼頃には花がしぼむため、観察は午前中がおすすめです。

【別名】アオバナ
【利用部分】花弁
【用途】青色染料:友禅染等の下絵用
【原産地】日本 ツユクサからつくられた栽培種
【植物のある場所】染料香料植物区
【撮影日】2020/07/08

■キダチタバコ(ナス科)
*有毒植物*

南アメリカ原産の低木です。冬期に寒くなる地域では地上部が枯死するものの地下部が生存することも多く、この場合は多年草のように育ちます。
本種の種子が微細で、発芽後の成長が早く、背が高くなることから、聖書に登場する「からし種」のことと誤解釈された経緯があります。
このためカラシナ類と誤認識して葉などを食し、中毒事例が起きているため要注意です。本種は南米原産であって、聖書の時代よりも後の時代になって移入されたものです。

【原産地】南アメリカ
【有毒部位】全株
【有毒成分】アナバシン(ニコチン類似アルカロイド)
【植物のある場所】製薬原料植物区
【撮影日】2020/07/08

■ウマノスズクサ(ウマノスズクサ科)
*有毒植物*

平地や丘陵の日当たりの良い草原や、河川の堤防などに生育する多年草です。
花はサクソフォンのような形状で興味を引きます。ラッパ状の部分は萼片で、花弁はありません。
果実の形状が馬に付ける鈴に似ていることが和名の由来とされていますが、結実率が低く、果実をみることは稀です。また河川堤防などでは草刈りされるため開花に至らない場合が多く、花を見る機会も限られます。
腎毒性と発がん性を有するアリストロキア酸などを含む有毒植物です。
本種はジャコウアゲハの食草としても知られます。ジャコウアゲハは、ウマノスズクサに含まれる毒成分を体内に蓄積し、鳥類などによる捕食を逃れていると考えられます。

【分布】関東地方以南
【植物のある場所】有毒植物区
【撮影日】2020/07/08

■ヤマユリ(ユリ科)
日本特産のユリで、本州の東半分の丘陵や山林などに生育します。神奈川県の県花です。
花は直径20cmに達し、強い芳香が特徴です。林地の中を散策すると香りが漂います。

【原産地】本州近畿地方以東
【植物のある場所】林地ほか
【撮影日】2020/07/04


バナーエリア
薬用植物・生薬に関する講座
薬用植物国内栽培事業
新常用和漢薬集
イベント情報
薬草教室
会報
生薬写真集
東京都 医薬品医療機器等法Web講習会(外部サイト)

当協会関係者のアドレス(@tokyo-shoyaku.jp)を騙ったウイルス感染メールが当協会外から発信されていることが確認されました。 ご注意をお願い申し上げます。近々ドメインを変更予定です。

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.