Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。






並び替え:   タイトル ( up down )   更新日時 ( up down )   ヒット数 ( up down )  
現在の並び順: 更新日時 (新→旧)

1 番 - 6 番を表示 (全 1236 枚)
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 ... [206] »

■ロウバイ(ロウバイ科)
*有毒植物*
冬空の下、良い香りを漂わせるロウバイの開花が始まっています。
今年は最も早い1本が上旬から咲き出し、すでに花数も増えてきました。
写真のロウバイは基本種で、外側の花被片が黄色、内側の花被片が紫色です。
よく知られている花全体が黄色のロウバイはソシンロウバイといい、そちらの見頃は年明けと見込まれます。
なお、ロウバイ、ソシンロウバイとも、全株、とくに種子にはカリカンチンという有毒成分を含み、誤って食べると筋肉のけいれん等を起こします。

【原産地】中国
【植物のある場所】有用樹木区(敷地奥:開花中)
【撮影日】2018/12/10

■クリスマスローズ(キンポウゲ科)
※有毒植物※

写真は、ヘレボルス・ニゲル系の品種「HGCジョセフ・レンパー」です。
ヘレボルス・ニゲルは晩秋からクリスマス・年末にかけて咲き、花色は主に白色で、本来のクリスマスローズです。
2月ころに開花するレンテンローズ(ヘレボルス・オリエンタリス、レンテンローズ)も、しばしばクリスマスローズに含めて扱われています。
当園では両種のほか、コダチクリスマスローズ(ヘレボルス・フォエティドゥス)を栽培しています。
花弁に見えるのは萼片で、長く枯れないので長期間鑑賞でき、多くの園芸品種が流通していますが、いずれも有毒植物です。

【別名(和名)】カンシャクヤク(寒芍薬)
【有毒部位】全草、とくに地下部
【有毒成分】強心配糖体(ヘレボリン等)
【原産地】ヨーロッパ
【植物のある場所】温室裏鉢植
【撮影日】2018/12/01

■ムクロジ(ムクロジ科)
わが国の暖地から東南アジアにかけ分布する落葉高木です。日本のものは人為的に植えられて分布が広がった可能性もあります。
葉は偶数羽状複葉で、この時期は黄葉が目立ちます。
果実は晩秋に褐色半透明に熟し、果皮部分にサポニンをふくむことから洗剤、洗髪剤として現在も利用されることがあります。
ムクロジ科は従来の分類体系では小さなグループでしたが、DNAによる分類体系では従来のカエデ科やトチノキ科がムクロジ科に編入され、大きなグループになっています。

【用途】果皮:洗剤、種子:羽根突きの珠、木材:器具材
【成分】果皮:サポニン等
【分布】本州(関東甲信越以西)・四国・九州・東南アジア
【植物のある場所】有用樹木区4C(草星舎付近)
【撮影日】2018/11/23

■ハゼノキ(ウルシ科)
※有毒植物※

暖地における紅葉の代表的な樹種で、幼樹の盆栽や寄せ植えにも人気があります。
果実の中果皮(いわゆる果肉)に油脂分を豊富に含みます。灰褐色に熟す地味な果実ですが、鳥たちはよく知っているようで、当園のハゼノキにはヒヨドリ、シロハラ、ツグミ、エナガ、ジョウビタキなど多種多様な野鳥が訪れて果実を食べます。
この油脂成分は木蝋と呼ばれ、和ろうそくの製造に用いられてきました。
ウルシと共通の成分をもつため、人によりかぶれる場合があり、有毒植物とされています。

【有毒成分】ウルシオールなど
【分布】本州(関東以西)から沖縄に自生。各地に植栽
【植物のある場所】有毒植物区
【撮影日】2018/11/17

■ヤマジノギク(キク科)
東海地方以西に分布する野生のヤマジノギクを、大分県農林水産研究指導センターの花き研究所にて、50年以上の年月をかけて品種改良し、園芸化した花です。
10月から12月にかけての切花として関東・関西を中心に全国へ出荷されています。
公益社団法人東京生薬協会が平成27年より大分県杵築市において生薬栽培指導を行っている関係で、展示用として特別に同センターと譲渡契約を結んで植栽しております。

【分布】本州東海地方以西・四国・九州。本種は改良品種。
【植物のある場所】正門から温室へ至る園路
【撮影日】2018/11/17

■アワコガネギク(キク科)
準絶滅危惧(NT)
山地の谷間の、やや乾いた崖地を好む多年草です。
京都の菊渓(きくたに)が名所として知られたことからキクタニギクとも呼ばれ、こちらを標準和名の扱いとすることもあります。
わが国での在来の分布は本州と九州の限られた地域でしたが、大陸に分布する系統の種子が、各地で法面緑化用に使用されたことにより遺伝子の撹乱が心配されています。
同時期に咲くシマカンギクによく似ていますが、アワコガネギクのほうが草丈が高く、頭花がかたまって咲く傾向が強いです。

【別名】キクタニギク
【薬用部分】花
【用途】花を漬けた食用油を火傷、切り傷、打撲による外傷に塗布とするほか、入浴剤にも。
【成分】精油(α-ツヨン他)
【分布】日本(東北から関東太平洋側、近畿、九州北部)、朝鮮半島、中国北部
【植物のある場所】民間薬原料植物区
【撮影日】2018/11/04


バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.