Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。






1339 番 - 1344 番を表示 (全 1404 枚)
« [1] ... 220 221 222 223 (224) 225 226 227 228 ... [234] »

■クコ(ナス科)
【生薬名】クコシ(枸杞子)及びジコッピ(地骨皮)日本薬局方収載、 クコヨウ(枸杞葉)
【薬用部分】果実 (枸杞子)、葉(枸杞葉)、根皮(地骨皮)
【用途】漢方処方用薬:疲労回復、解熱、滋養強壮強精作用(杞菊地黄丸)、 民間薬:滋養強壮作用
【成分】果実にベタイン、カロチノイドなど。葉にフラボノイド(ルチン)、ベタインなど。根にベタインなど。
【原産地】日本、中国、東アジア

【植物がある場所】民間薬原料植物区
【撮影日】2010/12/9

生薬写真集へ

■センダン(センダン科)
四国、九州などに自生し、初夏に薄紫の花をつける。
幹皮(クレンビ)を寄生虫駆除薬として用いた。

【植物がある場所】有用樹木区
【撮影日】2010/12/7

■ロウバイ(ロウバイ科)
ロウバイの花が咲きました。

見頃は、1月から2月にかけて蜜蝋に似た黄色い花をつけます。

種子は有毒。原産地は中国。

【植物がある場所】有用樹木区・ロックガーデン他
【撮影日】2010/12/3

生薬写真集へ



■ツタ(ブドウ科)
日本の山野に自生し、紅葉が美しいので観賞用として栽培される。

【植物がある場所】ロックガーデン、林地
【撮影日】2010/11/21

■クチナシ(アカネ科)
【生薬名】サンシシ
【薬用部分】果実
【用途】漢方処方用薬:消炎、清熱、精神安定を目的とした処方などに配合される。
【成分】ゲニポシドなど
【原産地】日本(静岡県以西)、中国、台湾

【植物がある場所】有用樹木区
【撮影日】2010/11/21


■サザンカ(ツバキ科)
庭木、生け垣に広く用いられている。種子からとれる油は食用となり、ツバキ油と同様の用途がある。

【植物がある場所】有用樹木区ほか
【撮影日】2010/11/21


バナーエリア
薬用植物・生薬に関する講座
薬用植物国内栽培事業
新常用和漢薬集
イベント情報
薬草教室
会報
生薬写真集
東京都 医薬品医療機器等法Web講習会(外部サイト)

当協会関係者のアドレス(@tokyo-shoyaku.jp)を騙ったウイルス感染メールが当協会外から発信されていることが確認されました。 ご注意をお願い申し上げます。近々ドメインを変更予定です。

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.