Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。






19 番 - 24 番を表示 (全 1271 枚)
« 1 2 3 (4) 5 6 7 8 9 ... [212] »

■カタクリ(ユリ科)
春の短い時期だけ姿をあらわす、典型的な春植物(スプリング・エフェメラル)です。
開花する個体には葉が2枚あり、開花に至らない個体は葉が1枚です。種子から開花までは7年以上かかるといわれます。
地中にラッキョウほどの鱗茎があり、かつて食用のデンプンを採取したことが「片栗粉」の由来ですが、現在ではもっぱらジャガイモから製造しています。

【分布】北海道から九州
【植物のある場所】林地、ロックガーデン
【撮影日】2019/03/16

■アイスランドポピー(ケシ科)
栽培等が禁止されていない「けし」です。ヒナゲシやハナビシソウよりも早咲きで、早春の彩りとして人気です。
花茎が長く、茎の途中に葉がつかないことから、切花にもよく用いられます。
本来は多年草ですが暑さに弱いため、わが国の園芸では越年草(秋まき1年草)として扱われています。

【別名(和名)】シベリアヒナゲシ
【原産地】北極地方
【植物のある場所】栽培試験区(ケシ比較植物)
【撮影日】2019/03/16

■アンズ(バラ科)
ウメと入れ替わるようにアンズの開花が始まりました。
果樹として甲信越地方や東北地方で多く栽培されています。種子を生薬として用います。

【生薬名】キョウニン(杏仁)
【薬用部分】種子
【用途】漢方処方用薬:鎮咳、去痰(麻杏甘石湯)
【成分】青酸配糖体(アミグダリン)、脂肪油など
【原産地】中国
【植物のある場所】有用樹木区(あずまや付近)、ふれあいガーデン
【撮影日】2019/03/16

新常用和漢薬集「キョウニン」

■トサミズキ(マンサク科)
*準絶滅危惧(NT)
高知県の蛇紋岩地帯や石灰岩地に生育する落葉低木です。
葉の出る前に、淡黄色の下垂する穂状花序をつけます。
近縁種のヒュウガミズキよりも樹も花序も大型です。
花が終わると、大きな楕円形の葉が展開します。

【原産地】四国(高知県)
【植物のある場所】ロックガーデン、屋外集会場舞台裏
【撮影日】2019/03/16

■セリバオウレン(キンポウゲ科)
セリバオウレンの花が見頃となりました。
オウレンは日本特産種の常緑多年草です。複葉の分かれ方の程度によって、キクバオウレン、セリバオウレン、コセリバオウレンの3変種に分類されます。
このうち主に栽培されているのがセリバオウレンで、葉は二回三出複葉です。


【生薬名】オウレン(黄連)
【薬用部分】根茎
【用途】漢方処方では清熱・止血・止瀉(三黄瀉心湯など)、生薬製剤では苦味健胃薬として配合。
【成分】ベルベリンなど
【原産地】北海道、本州
【植物のある場所】林地、ロックガーデンほか
【撮影日】2019/03/02

■サンシュユ(ミズキ科)
寒さが緩むとともに、明黄色の花序がほころびました。
植物学者の牧野富太郎博士は、この様子に「ハルコガネバナ」の名を与えました。
わが国へは享保年間(1720年頃)にもたらされ、小石川御薬園に初めて植えられたとされ、以来、庭園樹や公園樹、ときには街路樹としても親しまれています。
薬用部分は果実(子房周囲の花托筒に由来するため、正確には「偽果」)で、秋、赤く熟した頃に収穫して調製します。

【別名】ハルコガネバナ、アキサンゴ
【生薬名】サンシュユ(山茱萸)
【薬用部分】偽果の果肉
【用途】漢方処方用薬:強壮・収斂(八味地黄丸)
【成分】イリドイド配糖体(ロガニンなど)、有機酸、テルペン類など
【原産地】朝鮮半島、中国
【植物のある場所】有用樹木区
【撮影日】2019/02/20

新常用和漢薬集「サンシュユ」


バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.