Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。






31 番 - 36 番を表示 (全 1246 枚)
« [1] 2 3 4 5 (6) 7 8 9 10 ... [208] »

■ツルドクダミ(タデ科)
つるになるタデ科の多年草です。心形の葉がドクダミに似ていることによる命名ですが、ドクダミとは科のレベルで異なり、写真の通り花の様子もまったく異なります。
1720年代に長崎で薬用目的で栽培され、その後日本各地に帰化したとされ、各地で野生化したものがみられます。

【生薬名】カシュウ(何首烏)
【薬用部分】根茎
【用途】漢方処方用薬:貧血、不眠(当帰飲子)
【成分】アントラキノン類、スチルベン配糖体等
【原産地】中国、台湾原産、日本各地に帰化
【植物のある場所】漢方薬原料植物区
【撮影日】2018/10/08

新常用和漢薬集「カシュウ」

■ミヤコジマソウ(キツネノマゴ科)
絶滅危惧IA類(CR)

宮古諸島にのみ分布し、海岸や石灰岩地にまれに自生する常緑性多年草です。
世界的にみると国内の自生地は北限にあたり、個体数が限られるため絶滅が懸念されています。
温室内では地表や鉢土に生育し、開花もみられます。

【分布】沖縄県(宮古諸島)
【植物のある場所】温室
【撮影日】2018/10/08

■ヤクシソウ(キク科)
小さいタンポポのような頭花をつける越年草または二年草です。咲き終わった頭花が下を向く特徴があります。
名前の由来は、葉の形が薬師如来の光背に似ているため、とする説があります。

【分布】北海道から九州
【植物のある場所】林地入口
 *台風による倒木等のため、林地内部はしばらく立入禁止です。
【撮影日】2018/10/03

■スイフヨウ(アオイ科)
フヨウの一品種で、花の色が白から淡紅色へ変化する「酔芙蓉」です。
八重咲きの株がよく植えられていますが、当園のスイフヨウは一重咲きです。
花色の変化は、アントシアニンの生成と蓄積によるとされており、気温が高い時ほど早く進行します。
10月に入り涼しくなったため、夕方でもわずかに淡紅色を帯びる程度です。

【植物のある場所】水生植物区脇(温室と池の間)
【撮影日】2018/10/03

■オケラ(キク科)
日当たりの良い丘陵や山地に生育する、雌雄異株の多年草です。本種に基づくビャクジュツをワビャクジュツ(和白朮)と称することもあります。
花は白色、時に淡紅色を帯び、茶花などにも用いられます。

【生薬名】ビャクジュツ(白朮)
【薬用部分】根茎
【用途】漢方処方用薬:健胃・整腸・利尿・止瀉(苓桂朮甘湯)
【成分】精油(アトラクチロンなど)
【分布】日本(本州・四国・九州)、朝鮮半島、中国
【植物のある場所】漢方薬原料植物区
【撮影日】2018/10/03

新常用和漢薬集「ビャクジュツ」

■イヌサフラン「ウォーターリリー」(ユリ科)
※有毒植物※

イヌサフランの品種で、ウォーターリリーつまりスイレンを思わせる八重咲きの花をつけます。
園内では一重咲きのイヌサフランも開花中です。
葉緑体DNAにもとづくAPG分類体系では、イヌサフラン科に分類されます。

【別名】コルチカム コルヒクム
【生薬名】コルヒクム子、コルヒクム根
【薬用部分】種子、鱗茎
【用途】痛風の治療や植物染色体倍加に用いられるコルヒチンの製造原料
【成分】アルカロイド(コルヒチン)
【有毒部位】全草
【原産地】欧州、北アフリカ
【植物のある場所】製薬原料植物区
【撮影日】2018/10/03


バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.