Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集
■ お花の見頃情報

HOME > お花の見頃情報

この写真は東京薬用植物園で撮影しました。






49 番 - 54 番を表示 (全 1317 枚)
« [1] ... 5 6 7 8 (9) 10 11 12 13 ... [220] »

■フデリンドウ(リンドウ科)
草地や林縁などに生育する越年草もしくは二年草で、空色の星形の花を地表に散りばめています。
晴天の日中のみ花を開き、朝夕・夜間や悪天候の日には閉じています。
他の植物によりいくぶん日陰となる場所を好むようで、有用樹木区の下や有毒植物区、林地において見られます。
(本種は有毒植物ではありません)
花の色調には個体差があり、白い花を咲かせる個体も咲いています。

【分布】北海道から九州
【植物のある場所】有用樹木区、林地、有毒植物区など
【撮影日】2019/04/19

■ボタン(ボタン科)
薬用とする品種のボタンです。今年は例年からやや遅れての開花です。
園芸種のボタンは、シャクヤクの根に接ぎ木した苗を育てますが、ボタンの薬用部位は根皮ですので、薬用のボタンは接ぎ木せず、自根で生育させます。このため、樹の成長はゆっくりとなります。
園芸種に比べて花の盛りが短く、美しくご覧いただけるのは概ね1週間程度と予想されます。

【生薬名】ボタンピ(牡丹皮)
【薬用部分】根皮
【用途】漢方処方用薬:消炎・鎮静・鎮痛(大黄牡丹皮湯、桂枝茯苓丸など)
【成分】ペオノールなど
【原産地】中国西北部
【植物のある場所】漢方薬原料植物区・栽培試験区・ふれあいガーデン
【撮影日】2019/04/19

新常用和漢薬集「ボタンピ」

■アカヤジオウ(ゴマノハグサ科)
ジオウの花は渋い赤褐色です。
アカヤジオウとカイケイジオウは、地上部の見た目での区別は困難ですが、アカヤジオウは根茎が細いです。
DNAに基づく近年の植物分類体系では、ジオウ科もしくはハマウツボ科に分類している場合もあります。

【生薬名】ジオウ(地黄)
【薬用部分】根、またはそれを蒸したもの
【用途】漢方処方用薬:補精・強壮・止血作用(八味地黄丸、四物湯など)
【成分】イリドイド配糖体(カタルポール他)、糖類、アミノ酸など。
【原産地】中国東北部、モンゴル
【植物のある場所】漢方薬原料植物区
【撮影日】2019/04/13

新常用和漢薬集「ジオウ」

■ヤマブキ(バラ科)
丘陵や低山に広くみられる落葉低木で、地下茎から芽を出して広がり、しばしば群生します。
庭園樹としても用いられ、鮮やかな濃黄色(いわゆる山吹色)の花を咲かせます。
なお、写真のヤマブキは一重咲きで、有名な太田道灌の故事伝承とは異なり、結実します。

【分布】北海道から九州
【植物のある場所】林地
【撮影日】2019/04/13

■ブルーベリー(ツツジ科)
「ブルーベリー」は、単一種ではなく、北アメリカ大陸に産するツツジ科スノキ属(Vaccinium)の複数種の総称で、いずれも落葉低木です。
元となった種により、サザンハイブッシュ系やラビットアイ系など、複数の系統が育成されており、食味や収量、収穫期などの異なる多数の品種があります。
植物園のある小平市は、1968年にブルーベリーが日本で初めて農業目的で植えられた歴史があり、「ブルーベリー栽培発祥の地」として知られています。

【原産地】北アメリカ大陸
【植物のある場所】ふれあいガーデンほか
【撮影日】2019/04/13

■モモ(バラ科)
桃の花は旧暦3月の桃の節句の頃、現在の暦では4月に開花します。
新暦3月3日に咲いているモモは促成栽培しています。
モモの果肉の中心にある硬い「核」を割ると、中に種子が1個入っています。
この種子をトウニン(桃仁)と称し、漢方処方用薬とします。

【生薬名】トウニン(桃仁)
【薬用部分】種子
【用途】漢方処方用薬:駆瘀血・潤腸(桃核承気湯・潤腸湯ほか)
【成分】青酸配糖体(アミグダリン)、脂肪油ほか
【原産地】中国
【植物のある場所】漢方薬原料植物区
【撮影日】2019/04/09

新常用和漢薬集「トウニン」


バナーエリア

このページの先頭へ

Copyright © 2010- Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.